『4年生座談会』は、成安造形大学の様々なクラスの4年生に日頃の制作で感じていることや後輩達へのメッセージなどを語り合っていただこうと企画しました。
第1回座談会は、2012年10月18日(木)の放課後に洋画クラスの実習室で行いました。

参加者:
佐竹誠さん(洋画クラス 4年)
近藤美佳さん(テキスタイルアートクラス 4年)
菅葵衣さん(イラストレーションクラス田中ゼミ 4年)
小北野花さん(写真クラス 4年)

今回は在校生に是非読んでもらいたい「後輩達へのアドバイス」をお伝えします。

小北
何かする時に、「これは関係ないからいーや」って言うのを一切しない方 がいい。なんでも取り敢えず吸収する。素直に聞いて素直に全部やってみるのは凄い大切。例えば、作家さんについて調べるとか惜しまず展覧会に行くとか。自 分がこういうのを作りたいなって思った段階で手当たり次第調べて回る。あと私の場合だったらはアナログ写真をやるぞって思ってても、デジタルをやるのを怠らないとか。写真以外の事でも、全部食いついていくぐらいの…出し惜しみしないって言うのは大切かな。関係なくても取り敢えずやる!
佐竹
とにかくやって、ほんまに関係無かったらまたその場で捨てればいいんだから。
小北
出不精になっちゃダメだな。
近藤
貪欲さみたいな。
小北
そうそう、常に餓えてろ!
近藤
アンテナ張っとけー。あと制作って、疲れるよね、しんどいよね。だから体力はあった方が絶対いいよ。
小北
定期的な運動をしよ…すればよかった!どんなに辛くてもちゃんと飯は食うし。「徹夜すればいーや!」とか言ってると4年間で基礎体力が落ちてっちゃう!
佐竹
無理したら大事な時に倒れるから。
佐竹
あとな、友達は作っとけ。
小北
1人じゃ制作は出来ない!
佐竹
無理です。
近藤
誰か居ないと展示とか出来ないしね。
佐竹
大きい作品とか友達居ないと何も出来ない。人が居ないと作ることさえ不可能な時とかあるもん。
小北
写真とか特に1人で制作するイメージあるかもしれないけど、絶対そんなことはない。ただの風景撮ってても、その前を人が通ろうとしたら、構えてるなって分かって止まってくれたりする。それも、つまり誰かと一緒に作ってるって事に繋がるよね。
近藤
他人に甘えることも必要かな。1 人で抱え込むことかいるやん。しんどい時はしんどいって言った方がいいし、助けはちゃんと求めた方がいい気はする。制作行き詰まってたら他の人にアドバイ ス求めて助けてもらって、外に出た方がいい。喋るの大事だと思う。特に上の人と仲良くなるといいと思う。もちろん下の子とも。皆と仲良くすると、いいん じゃないですかね。
菅
あとは、出来るだけいろんな物を見て欲しい。特別な事じゃなくてもいいし、課題で毎日凄い忙しいかもしれんけど、学生の今いろんなこと経験して欲しいな。

── 忙しいように見えて、何年後か見たら、相当豊かな生活を送っているんですね。

近藤
芸大って豊かだよね、ゆるやか。
佐竹
エセ忙しい奴が多すぎると思う。
近藤
4年間自分と向き合う時間なんてそう無いと思うし、いいことだと思う。嫌でも向き合わないといけないし。
小北
自分がやりたいと思って芸大受験して、高い学費を親に出してもらって4年間ここに進むからにはここで出来ることは全部フル活用してやっていった方がいい。機材とかもうちの大学に関しては凄い豊富だから、特許取るの面倒くさい とか言わずに使えるもんはなんでも使ったらいいし。特許で降りるんならガンガン行こう!学生として自分と向き合う時間が4年間も貰える…けど「4年間」って言う限りがある。自分がやりたいと思って入ってきた気持ちを成就させよう。卒業して社会人になったら出来なくなることは沢山ある。それから後悔するだろうから今のうちにやった方がいいんじゃないかな!

第1回座談会 – 2 : 好きなアーティスト →

取材:
メディアデザイン領域 グラフィックデザインコース 3年 橋本純
メディアデザイン領域 グラフィックデザインコース 2年 和田なづ菜
総合領域 デザインプロデュースコース 2年 谷川智美


第1回座談会 2012年10月18日(木)
>1-1 後輩たちへのアドバイス(2012.12.28)
 1-2 好きなアーティスト(2012.12.28)
 1-3 制作の仕方とアイディア(2012.12.28)
 1-4 芸大って危険っ!?(2012.12.28)