島先京一准教授・金澤徹教授からのアドバイス

 
2012年12月20日(木)メディアデザイン合同研究室にて、島先京一准教授と金澤徹教授に「作品における外国語」について広報委員の橋本が、「スペルミス撲滅キャンペーン」の一環として取材を行いました。
島先京一教授は本大学で英語科目を受け持っておられ、金澤徹教授は学生時代をアメリカで過ごされた方です。
以下、綴り=スペル=スペリング、綴り間違え=スペルミスとします。


3. 外国語を使うメリット

 
島先
学生がタイトルだけでも英語で発信しようとすることは勧めたいです。英語で発信出来れば、潜在的な将来のクライアントが広がるからです。最初は幼稚でも本当にその気になれば、一部の特別な人じゃなくて国際的な仕事が出来るようになるって事を感じて欲しいです。ただ、同時に大いに勉強して欲しいです。

── その場しのぎではなく、きちんと勉強をしようと。

島先
同時進行でいいんですよ。語学は一生勉強し続けなければいけないんで、本当にインターナショナルになりたいんだったら、その気持ちを持ってほしい。英語が世界で一番便利な言葉なんで英語になりがちですが、この先力を持つであろう中国語、実は現在英語よりも遥かに人口の多いスペイン語も考えてもらってもいいかと思います。

── 世界中の人とコミュニケーションが取りやすい時代ですしね。

島先
ネットで英語で作品を発信すると、検索されて海外ファンが付くかもしれません。日本の学生にとってリアリティが無いのは、英語を知らなくても全く問題なく一生を終えられるからです。海外旅行も英語が使えなくても行けますし、本当の意味での必要性をいつまでも実感できないので勉強する気にならないんですね。でも頭のOSが複数あるのは絶対にいいことですし、ネットのように簡単に発信できるツールが手元にありますし、タグ打ちながらwebサイトを作れるでしょう。

金澤
外国旅行は日本語だけで通すことができるとも言われていますが、言葉がわかれば楽しみ方は全然違いますよ。楽しみがどんどん広がります。

島先
僕はこの間の7月8月にポルトガルとスペインに行ってきたんですね。そこではあまり英語が役に立たないんです。ところが、サグラダ・ファミリアの行列に並んでいた時にドイツ人の女性と英会話が始まったんです。英語は相手が何人かわからない時に役に立ちます。特に若いうちでないと行けない旅行というのはあると思いますが、単に見てくるだけなら日本語だけで問題ありませんし、本当に要求したいことがあれば日本語で喚けば大抵通じます。でも、いろんな文化の違いを肌で感じるだけでなく、頭でも分かりたい場合は言葉を知っておく必要がありますね。

金澤
あとは物怖じしないことですね。中学英語でも十分話しができるはずです。

島先
作品に関する事とは全く逆になりますが、間違ってもいいんです。話し言葉なんで、僕らも文法的に正しい日本語を話してませんしね。

金澤
話し言葉は消えますし、聞き返せますし、訂正もできますしね。

── 英語で英語を考えるという練習はどのようにしたらいいんでしょう?

島先
僕の授業を履修してみてください。案外皆わかっていないのが、外国語はネイティヴに習うべきだと言うこと。僕が学生にしてあげられるのは、外国に行ったこともないけれど英語を使えるようになった、日本人にどう英語のOSを入れていくかって言う体験を追体験させることです。

金澤
ただ、ネイティヴに習ったからといって、ネイティヴと同じになれるかと言ったら違います。僕も英語で考えてても、ネイティヴに追いつかないんですね。どう考えてもおかしいだろ、って言うのが自分ではチェックが出来ない。学生時代にずっと英語で文章書いてましたけど、いまだに自信が持てません。自分でもチェックするんだけれど、ネイティヴにチェックしてもらわないとわからない。どの先生の授業をとっても、“学問に王道無し”で、要は反復だと思います。「1回習ったから知ってる」ではなく、音を耳に覚えさせたりだとか、何回も繰り返すと頭に入ってくるんですよね。

島先
外国語の学習って体育ですしね。

金澤
頭に沢山例文が入っていればその組み合わせになりますし、そのまま出てきます。英語で考えて英語で話すっていうのは、ある時期を学ぶことに費やさないと頭が切り替わらないんだと思いますよ。
 
 
← 2. 文法とスペル


目次
 1. 言語の文化的な違い
 2. 文法とスペル
>3. 外国語を使うメリット


取材:メディアデザイン領域 グラフィックデザインコース 3年 橋本純