島先京一准教授・金澤徹教授からのアドバイス

 
2012年12月20日(木)メディアデザイン合同研究室にて、島先京一准教授と金澤徹教授に「作品における外国語」について広報委員の橋本が、「スペルミス撲滅キャンペーン」の一環として取材を行いました。
島先京一教授は本大学で英語科目を受け持っておられ、金澤徹教授は学生時代をアメリカで過ごされた方です。
以下、綴り=スペル=スペリング、綴り間違え=スペルミスとします。


2. 文法とスペル

 
島先
僕は日本語で英語を発想するのを避けて欲しいと思います。そのためには英語で英語を勉強しなければいけなくて、これは簡単なことじゃありません。僕の授業では、学生が英語を英語で読む方向に持って行こうとしています。英語を使うんだったら、英語を勉強しながら使って欲しいです。

── 英語を英語で考える、意識せず日本で生活していたら難しいですね。

島先
どうしても直訳しがちですが、直訳すると全く通じないという場合が多い。単に「この英語正しいですか?」って持って来られるよりも、そのタイトルに一体何を込めているのかをまずはしっかり日本語で考えて、それを自分で英語に落としてみて、持ってきてもらえば何を言いたいのかをチェックできる。和英辞書を見てその言葉を見つけてきても、別のもっと合った言葉を見つけられるかもしれない。

金澤
外国語のタイトルを付けるのはいいけれど、それ以前の問題として「格好いいから」って憧れからで外国語、特に今まで触れたことのあるアルファベットを使っている学生も多いと思うんですね。作品で必要があるならば、もちろん使えばいいと思いますが、格好だけのために使うのであれば、違うだろうと思うんですよ。言葉を理解していなければその言葉を選ぶことも出来ないし、日本語で英語を考えて持ってくるんだと思うんです。言葉としてちゃんと、自分の作品のタイトルに英語のものを付けよう、バイリンガルにする、トライリンガルにすると言う姿勢であれば別でしょうけど。 格好だけなんで、アルファベット並んでるだけで満足している。でも、そこには意味が存在するわけですよね。スペリングも間違えていたら意味を成さないわけです。でも、格好だけの人はそれも関係なかったりするんですね。

── タイトルも作品の一部なのに。

金澤
使うなら言葉を真剣に考えて貰いたい。なんでその言葉を選んだの?って言うのが、日本語でも外国語でも大切なんです。そこをしっかり考えていたらタイトルも大切にすると思うんです。スペリングを間違える事もなければ、しっかり辞書も引くでしょう。しっかりと確信を持って間違えて貰いたいですね。もちろん全員がそうだというわけではなく、考えてる人はしっかり考えて英語をタイトルに使っていると思います。

Xmasもなんでアポストロフィ付けるんでしょう。辞書調べたら分かります。世に氾濫しているから正しいと思い込んでいるんでしょうね。格好で使っているからあれでOKだったり。

島先
「X’mas」の場合は英語だと思うから気に障るだけで、アルファベットで書く珍しい日本語だと思えばいいのかもしれない。
日本語の環境の中でしか流通しないと考えると、格好つけてアルファベット使ってるって批判されても構わないと思います。ところが展覧会、特に京都市美術館だと幸か不幸か間違いなく外国人が見てくれます。作品集は印刷物として残ってしまう。物が残る以上は、間違えるにしてもわざと間違えてほしい。

── 格好つけたいのに、スペル間違ってると全然格好が付きませんね。
明らかにわざとじゃないスペルミスは信憑性が無いように見えたり、安っぽく感じる気がします。(すべてが衝撃的かつ笑激的! 世界で見つけた「へんてこ英語」看板図鑑 http://youpouch.com/2012/06/06/67597/

島先
一番はネイティヴ・スピーカーの三宅先生に確かめるのがいいんだろうけど、私のところに来てくれても良いです。

金澤
その前にやっぱり、三宅先生も仰ってるようにまずは自分できちんと調べてきて、確認をするというのが大切ですよね。

── どんな学生でも行ったら相談に乗ってくださいますか?

島先
もちろん。ただし、本当に真剣に考えてもらわないと。コンセプトがしっかり詰まってないと、当てはめる言葉もわかりません。
英語脳になるには時間がかかりますし、まずは深く日本語で考えて、間違ってもいいから辞書を引いて英語にして、相談に来てもらえればいいです。確定版になるまで1時間とかかかりますね。特に造語感覚に近いような言葉は。

── 文法的に特に難しい点などありますか?

島先
僕でも三宅先生でも難しいと思うんだけれど、冠詞の使い方。名詞をタイトルにする時に5パターンあって、「冠詞なし+単数形」「冠詞なし+複数形」「定冠詞+単数形」「不定冠詞+単数形」「定冠詞+複数形」。こういうのは作品を見せてもらわないと相談に乗れなくなってしまう。そして、作品を見てよく話を聞きいてタイトル付けを手伝ってしまうと、僕も共同制作者のようにかなり手伝ってしまう事になります。

金澤
日本語の数に関する曖昧さですね。英語に直す時は考えますね。

島先
ヨーロッパの言葉は単数複数に関して凄く厳しいですね。日本語には複数形が存在しませんから、その感覚が中々わかりません。ところが名詞でタイトルをつけるとなると、その問題はどうしても避けられません。

── タイトルが文章になる場合もありますね。

島先
その場合、日本語は時制の概念が薄い言語なので、慎重に考える必要があります。特に「過去形」と「現在完了形」は英語感覚では全く違います。あと、前置詞は使いようによっては凄い効果を生むことがあります。例えば、「in」と「at」はどちらも「ある一定の範囲の中にある」と言う意味です。ところが「in」の後に使うものをわざと「at」の後に置くと全くイメージが変わります。英語がわかる人がびっくりするように、逆利用する事が可能です。また、日本語で前置詞にあたる言葉を使ってタイトルを作るのはかなり難しく、英語の方が楽だと思います。「城崎にて」よりも「at Kinosaki」の方が普通ではないでしょうか。特に位置に関する前置詞についてはビジュアルイメージの方が辞書よりも理解しやすいです。「A in B」はAがBに比べて遥かに小さいイメージなんですが、「A at B」だと割りと似たような大きさなイメージになりますね。

僕も論文を書いたら三宅先生にチェックしてもらうんですが、この「単数・複数」「時制」「冠詞」「前置詞」が絶対直されますね。ただ、自分の責任の範囲内で出来るなら間違えてもいいと思います。

金澤
三宅先生が記していただいたチェックポイントが大切で、少なくともスペリングは間違えないように。文法の間違いは許される状況もあるけれど。便利なのは、ワープロソフトですね。スペリングを間違えてたら教えてくれます。翻訳ソフトは信頼していませんが、自分が考えた文章を検索して沢山出てくると正しい可能性もあります。が、沢山読み込まないといけないので、かなり力が要りますね。

── ある程度のスキルがあってこそですね。

島先
翻訳ソフトに関しては、赤ちゃんのレベルにも達していないと言うことは強調しておきます。

── そうですね、英語から日本語に翻訳しても、原文の英語の方が断然読みやすかったりしますね。

── 翻訳ソフトと言えば、海外のセレブなども着ている英国の衣料品ブランド、「SuperDry 極度乾燥(しなさい) http://www.superdry.com/」は翻訳ソフトを使って英語から日本語へ翻訳したような日本語をデザインに取り入れていますね。(NAVERまとめ:【SuperDry 極度乾燥(しなさい)】が英国から逆上陸!間違った日本語が人気の秘密か http://matome.naver.jp/odai/2133006375490408201) この場合、流石に狙っているだろう、と言う意見(「Superdry 極度乾燥(しなさい)を誤訳だと馬鹿にしているとベンチャー・ビジネス新時代に乗り遅れる」http://blogs.yahoo.co.jp/byh00122/31836893.html)もありますが、自分だったらどんな言葉を使いたいか考えなければいけませんね。

金澤
ネットでこういう言い方はどうかって日本語で答えてくれるサイトがありますね。自分の言いたいことが当てはまるかどうかが分かるサイトがあって、例文が沢山出てくるので今はとても便利だと思います。ただし、それが正しいと鵜呑みにはしない方がいいです。

島先
ネット上で使用例を探すということは難しいことではないので、出発点として活用したらいいのではないでしょうか。

金澤
スペルミスも文法的な間違いも直して使いこなしていった先の前置詞の話は、それこそタイトルとして素晴らしいものが出来る可能性もありますし。奥が深いですよ。外に出てたら必要だって感じてくると思います。卒業生の中でも、英語が必要だって言うのを聞いてます。でも、もし中学高校で英語でつまづいて苦手意識持っていたとしても、語学学習はいつからでも始められますから。面倒くさいようだけど調べたら自分が知りたいことを探すことができますし、わからなくてもチャレンジすることは大切です。

← 1. 言語の文化的な違い                3. 外国語を使うメリット →


目次
 1. 言語の文化的な違い
>2. 文法とスペル
 3. 外国語を使うメリット


取材:メディアデザイン領域 グラフィックデザインコース 3年 橋本純