ファッションデザインクラスの粂さんに卒展広報委員の秋野と森川が取材しました。

作品タイトル:Diamonds mix Stones

制作意図:服だけを作るのではなく、ブランド企画をした理由は、おもしろそうだと思ったから。オリジナルブランド名「Diamonds mix Stones」は、コンセプトである「カジュアルドレス」という意味を「ダイヤ」と「石」で表現している。
 


1回目 12月17日

 
G棟2階のファッションデザインクラス(以下FD)の教室にお邪魔してきました。
 
FD粂さん_1_02
 
FD粂さん_1_03
 
森川:いきなりですが、靴下いっぱいですね!(笑)

粂:「カジュアルドレス」っていうコンセプトで、架空のオリジナルブランドを制作しているから、これをスカートの襞(ひだ)にするつもりで、いっぱい買い占めたの。(笑) 「カジュアル」だから、靴下やデニム、ニットとか、日常で使うものを素材にするんです。
 
FD粂さん_1_04
 
森川:ブランドということは、ほかにも何点か作品があるんですか?

粂:ロゴの入ったシャツやTシャツとかも、ブランドイメージを膨らませるために、ハンガーにかけたりして展示する予定です。
 
 


2回目 12月21日

 
FD粂さん_2_01
 
森川:先週はこれ切ってましたよね?

粂:はい、そうですね。

森川:このくつしたは、前の時の大量の…

粂:そう、仮止めしてみたの。
 
FD粂さん_2_02
 
森川:あと何着ぐらい作る予定なんですか?

粂:あと4着かな~!

森川・秋野:4!

粂:今、どれくらいできてるのかな~?1、2…4かな!

森川:ということは10着近くですか!
 
FD粂さん_2_03
 
── 素材や作品数が多いので、粂さんの作業場はにぎやかですね。
 
 


3回目 1月8日

 
FD粂さん_3_02
 
森川:これは何着目ですか?

粂:何着目やろ?何着か作ってるけどなあ。

森川:年は明けましたけど、進み具合はどんな感じですか?

粂:うーん(笑)製作中につまずいたら、他のものを作るっていうかんじかな。逆に、他のものを作っているときに、いい案が浮かぶこともあるから、常に何かをしていて、手は止めないようにしてるね。ずっと手つかずのものもあるけど(笑)
 
FD粂さん_3_04
 
FD粂さん_3_01
 
森川:(ハンガーを見て)ここにかかっているものはすべて展示するんですか?…あ、これ、見てもいいですか!?

粂:はい、どうぞー。

秋野:わあ、かわいい!

森川:こんなの本当に売ってたらほしい!

秋野:うん!

森川:他の人よりも作品数は多いですよね?

粂:倍以上(笑)

秋野・森川:えー!大変ですね!
 
 


4回目 1月9日

 
── この日は、ファッションショーのモデルが足りないということで、急遽、私達広報委員(秋野、森川)の友人を呼んで、プチ選考会が行われました。

FD粂さん4_07

FD粂さん4_06

── 自分たちが出てもいいのかというモデル側の意見と、むしろ出てくれる方がありがたいという粂さんの意見がありました。靴のサイズ合わせをしたり、どのような服を着るか、などの話にもなっていました。

── 後日、カタログの前撮りが行われたので、白スタにお邪魔してきました。

FD粂さん_4_03
 
FD粂さん_4_04
 
FD粂さん_4_02

── 最初はモデルの方々が緊張気味で、あまり盛り上がりは見られませんでしたが、撮影が始まるにつれ、いろいろなシチュエーションを試したり、様々なポーズを提案しながら、楽しい雰囲気で行われていました。

── 再び後日、カタログ制作をされていました。

FD粂さん_4_09
 
FD粂さん_4_10

── どんなブランドのショップがオープンするのでしょうか!看板やカタログなどの、メイン以外のものにも注目したいですね!

FD粂さん_4_11
 
 


5回目 1月29日 搬入日

 
── いよいよ搬入です。作品を美術館に入れていく様子です。

FD粂さん_5_01

── 作品を運んだあとは、各自で設営です。先生や卒業生の方に手伝ってもらっている方も多く見かけます。

FD粂さん_5_05

FD粂さん_5_07

FD粂さん_5_10

── ブランドイメージに合わせた装飾も欠かせません。

FD粂さん_5_09

FD粂さん_5_08
 
 


第6回 1月30日 卒業制作展初日

── 完成作品です!

FD粂さん_6_05

FD粂さん_6_03

── 作品数がとても多くて、目移りしてしまいます!

FD粂さん_6_01

── ポスターも素適です!

FD粂さん_6_02

── まるで、お店のショーウィンドウを思わせる作品ですね。キラキラしていて、見ごたえがあります。

── 取材にご協力いただき、ありがとうございました!
 
 


 

取材
総合領域 1年 森川知美
メディアデザイン領域 1年 秋野恵美