2012年11月12日(月)の放課後にグラフィックデザインクラスの実習室で行った、第2回座談会の様子をお伝えします。
この座談会企画では、成安造形大学の様々なクラスの4年生に学生生活を振り返って貰い、日頃の制作で感じていることや後輩達へのメッセージなどを取材しています。

参加者:
小林浩子さん(彫刻クラス 4年)
藤原直人さん(プロダクトデザインクラス 4年)
表真喜子さん(イラストレーションクラス 永江・宝永ゼミ 4年)
小西友理奈さん(イラストレーションクラス MONゼミ 4年)
井上愛里さん(グラフィックデザインクラス 4年)

今回は「やっておけばよかったこと」についてお伝えします。

井上
コンペとか、3年になってこれ出来るんやったら、1年2年でももっと時間があったはずやし、取り組めばよかったなって思います。1年の時は絶対入らんし…とか思ってて!でも、今となったらそれでも出しとけばよかったじゃんって…。
藤原
社会に対する抵抗があると思う。恥ずかしがったり、すごい謙虚な遠慮をしたり。
井上
1年生やろうが3年生やろうが皆一緒やって思うけど(笑)。

── コンペに応募するというのは2、3年生ぐらいからってのが多かったですか?

井上
なんか3年になって就活っていうのが常に頭にあって、皆がちょっとクールになりだしたよね。急にSPIの本読みだしたり、コンペ探してみたり。

── クールですね(笑)。

井上
現実的になったり。ちょっと焦ったりも。

── やっぱ就活が見えてきた辺りから、焦って「やろう」って、全体的になっていったんですか?

井上
そんな雰囲気は感じました。クラスで。
私やったら、とにかく先生の意見をもっと聞きに行きなさいって言う!

── 1、2年の時はそんなに相談に行かなかったんですか?普通に課題見せる程度?

表
本当に技術指導だけで。先生とお話はあんましなかったですねぇ。
小西
出来る時に無理やり時間作ってでも、色々やっといた方が後々いいかなぁと思いますね。例えば車の免許とかも。先延ばしにするよりかは、時間があるうちに夜遅くってもいいからやっといた方がいい。やらずにいたら、また次の出来事がやってきて、それにまた時間割いちゃうと思います。

── ちょっと限界かも、限界じゃないかものところが…。

小西
そうそう、意外と「私って出来るんや」ってなるので。色々挑戦する。夜睡眠時間削ってみたりしても意外と翌日平気だったりするし。あと、必修以外に選択授業の課題とかもやった方が役に立ちます。レポートの書き方とか。
小林
私は思い返したら1年の時が一番作品作って展覧会出してたなって。でも、4年生になって、初めてギャラリーに作品を出すことになったんですけど、1年の時にそういうことしてたらどうやったやろと思いました。今いろんな経験をしとく事がやっぱり大事かなって思います。

── 後輩に何かアドバイスをするとしたら何ですか?

小西
時間は意外とあるって事ですかね(笑)。あとはやっぱ時間管理。配分はしっかりやっといた方がいいです。
井上
合評には間に合わす。「出来るやろ」みたいな自信が。でも、徹夜をせんようになるかもしれないです。私は3年の後期ぐらいから、夜はしっかり寝れるようになりました。

── 自己管理ができるようになったんですね。

小西
私は夜やらずに朝やったりとか。早めにやっていったらなんとかなるので。とにかく、締切とか期限とかは守った方がいい。

── 「寝なければなんとかなる」は一番危ないパターンですね。

藤原
なんとかならない。合評の前日前々日に徹夜してやってくるって人が割りといて。でもやっぱりデザインていうのは、人にライフスタイルを提案する立場。ある程度その自分が自己管理できてないと、提案するものが底抜けた感じになっちゃう。そういった意味ではやっぱ自己管理って大切やなって思います。
小西
作品ではやっぱり何を伝えたいかっていうのも大事。自分の気持ちに乗せて作品作ったら、やっぱり観てくださる方もすごい共感してくれはると思います。

  

← 第2回座談会 – 4 : 制作活動を振り返ると

取材:
メディアデザイン領域 グラフィックデザインコース 3年 橋本純
メディアデザイン領域 グラフィックデザインコース 2年 和田なづ菜
総合領域 デザインプロデュースコース 2年 谷川智美


第2回座談会 2012年11月12日(月)
 2-1 好きなアーティストは?(2013.1.17)
 2-2 どんなクラスでした?(2013.1.17)
 2-3 失敗談って?(2013.1.17)
 2-4 制作活動を振り返ると(2013.1.17)
>2-5 やっておけばよかったこと(2013.1.17)