『4年生座談会』は、成安造形大学の様々なクラスの4年生に日頃の制作で感じていることや後輩達へのメッセージなどを語り合っていただこうと企画しました。
第1回座談会は、2012年10月18日(木)の放課後に洋画クラスの実習室で行いました。

参加者:
佐竹誠さん(洋画クラス 4年)
近藤美佳さん(テキスタイルアートクラス 4年)
菅葵衣さん(イラストレーションクラス田中ゼミ 4年)
小北野花さん(写真クラス 4年)

今回は「好きなアーティスト」についてお伝えします。

小北
写真じゃなくてもいいなら会田誠さんとか。欲望の赴くままにやっちゃってる感が見てて清々しい。写真だったら…どの作家さんもいいところはあるんだけど、最近は津田直さん。うちの大学で1年に1回ぐらい展覧会してる。今年の初夏ぐらいにI棟でやってた展覧会は、敢えて部屋全体暗くしてろうそくで火を灯してろうそくの揺らめく炎の中で見る、鮮明に見えないことを前提にした作品だったな。
菅
山本タカトさんが好きです。日本画っぽいイラストで本の表紙とかよくやってる。
小北
私も好き!日本画っぽいんだけどすっごい細かくて線が細くて、でも均一で何で描いてるかわからない線。塗りも何で塗ってるのかちょっとわからない、インク?
佐竹
何の本とかですか?
菅
官能小説とか妖艶な感じ。あと高校の時に「火の鳥」って言うオペラ・バレエの作品に凄い影響を受けました。セルゲイ・ディアギレフイーゴリ・ストラヴィンスキーって方の作品で、TVで一瞬写真を見ただけだったんですけど、凄い衝撃で。それについて今までずっと制作してきました。でも、全然納得出来るものが出来なかったんで、卒制でもう1回しようかなと思ってます。
近藤
私はマリメッコのテキスタイルのデザイナーさんで脇坂克二さんが好き。

── 大学の図書館でも取り上げられていましたね。

近藤
そうそうめっちゃ借りてる。彼は子供向けの車とかデザインしたり…「SOUSOU」ってわかりますかね?京都の…数字とか…

── 和服っぽいのですよね。

近藤
そう、足袋の靴履いてる人ってたまにいない?あれやってる人。講演会で1回学校に来て…先生の知り合いみたい。先生すげー。
佐竹
俺がずっと言ってんのは、ヤマガミユキヒロさん。超細密な鉛筆画をでっかいキャンパスに描いて、それに映像を投影した作品作ってる。「これは絵画なんですか?映像なんですか?」って聞いたら、「絵画」って言い切ってた。「映像はあくまで絵の具」だと。それがめっちゃかっこええと思って。「映像作品として見せたいんじゃなくて絵画として見せたいんだ」「ルネッサンスやその前から光を表現してる人はいっぱいいるけど、絵画で光なんて作れないから僕は映像で光を作る」。はぁ、なんてかっこいいことを言うんだと思った。

── インスタレーションと言うくくりでもない?

佐竹
ない。「絵画や」凄い自信を持っていて、絶対ブレへん。また鉛筆の細密画も凄い細かくて…ナマモノ見たらいいと思う。今新しくなった東京駅の東京ステーションギャラリーで「始発電車を待ちながら」って展覧会に参加されてる。Gallery PARCのギャラリストの人にめっちゃファンやって話したらそのタダ券もらった。
小北
割りとギャラリーの人って券くれたりとか、親しげに喋ってくれたりとか するよね。私3年の時に個展してたらギャラリーの人の知り合いの彫刻家の方が来て「お前、日本画好きか!」って言われて、「好きです!やってるのは写真で すけど日本画大好きです!」って言ったら「やる!」って言って券くれた(笑)。

── 佐竹さんはヤマガミさんのように、専攻しているコースを超えた事をやったりしないんですか?

佐竹
興味ありますね。実はキャンバスに写真投影したり映像投影したりで作品 作ろうとしてた時に、彼の作品に出会って「あぁやられたわ」と。完成度高いしやってること面白いし言ってることかっこいいし、ずっと憧れてる。今も映像と 写真使ってキャンバスに投影して、どうにか制作できんかなと試行錯誤してる。ただ、展示の時に両方を引っ付けるって言うのまで至っていない。どこかでやり たいと思ってます。

←第1回座談会 – 1 : 後輩たちへのアドバイス      第1回座談会 – 3 : 制作とアイディア→

取材:
メディアデザイン領域 グラフィックデザインコース 3年 橋本純
メディアデザイン領域 グラフィックデザインコース 2年 和田なづ菜
総合領域 デザインプロデュースコース 2年 谷川智美


第1回座談会 2012年10月18日(木)
 1-1 後輩たちへのアドバイス(2012.12.28)
>1-2 好きなアーティスト(2012.12.28)
 1-3 制作とアイディア(2012.12.28)
 1-4 芸大って危険っ!?(2012.12.28)